top of page
Search

The Demi-Kaijinデミ・カイジン

Updated: Aug 22, 2023


Project Exodus: The first colonists of the current Isalian civilization found several traces of past civilizations on Isalia upon arrival. Abandoned settlements, facilities and even functioning technology. The most prominent of these were the Relic Mechs that became the blueprints for the Warlord Class Mechs made on production lines and circulated into active-duty combat today.



Recovered holo-tape recordings inform us that our civilization did not create the Relic Mechs but found and salvaged them from a derelict facility labelled “Project Exodus” that was built up around ancient ruins near the Central Temple and Babel Tower. プロジェクト・エクソダス:現在のイサリア文明への最初の入植者たちは、イサリアに到着した時点で過去の文明の痕跡を幾つか発見していた。そこには放棄された集落、施設、そして機能していたテクノロジーさえもあった。中でも最も顕著なものはレリック(古代の)メックたちで、これらは製造ラインで建造されているウォーロード級メックの原型となり、今日においても現役の戦闘用として流通している。 回収されたホロ・テープの記録によると、レリックメックを作ったのは我々の文明ではなく、中央神殿とバベルタワーの近くにある古代遺跡の周辺に建設された "プロジェクト・エクソダス "と名付けられた廃施設で発見され、サルベージされたものであるという事が判明した。 “Project Exodus” is believed to have been a colonization effort by a prior civilization to ours. There are several recovered holo-tapes detailing their fight for survival employing the Relic Mechs against several threats in Isalia at the time. Virtues, Kaijin and Draugr are each mentioned frequently in the historical records. These records continue for several decades then suddenly stop. Consensus among historians is that the “Project Exodus” colonies were wiped out at this point, though this hypothesis has no solid proof. If they weren’t wiped out though, where did they go? And where are they now? -Scribe Palos of the Shields of Isalia, 8th Chronologist Corps

"プロジェクト・エクソダス "は、我々以前の文明による植民地化の努力であったと考えられている。ホロテープには、当時のイサリアにおけるいくつかの脅威に対抗するため、レリックメックを駆使して生き残りを賭けた彼らの戦いが詳細に記録されている。歴史の記録にはヴァーチェ、カイジン、ドラウグが頻繁に登場する。これらの記録は数十年間続き、その後突然途絶えてしまった。歴史家の間では、"プロジェクト・エクソダス "のコロニーはこの時点で全滅したというのが通説になっていたが、この仮説には明確な証拠がなかった。しかし、もし彼らが滅びなかったとしたら、一体どこへ行ったのだろうか。そして彼らは今どこにいるのか? -イサリアの盾 第8歴史学者部隊 書記官パロス


While out on a mission tracking the movements of Kyodai-Lieutenant Saimyou (a suspected contraband trafficker within the Syndicate) a member of my Fireteam spotted an anomaly just outside Syndicate territory. A humanoid creature with dragon-like features was sighted observing our movements. We first assumed it was feral and primitive as it was moving on foot and armed with a spear and shield, but as we got closer a flash of light emerged from its position, narrowly missing my ground team and blowing a wing clean off our transport. What kind of technology is that? In the brief seconds that our attention was on the falling wreckage of a Tenshi Dropship, the creature slipped away into the wilderness. Only minor injury to the pilot. No other casualties to report. -Post Patrol After Action Report, Kyodai-Lieutenant Saiga

キョウダイであるサイミョウ中尉(シンジケート内の密輸業者容疑者)の動向を追う任務の最中、私のファイアチームのメンバーはシンジケートのテリトリー外で異常を発見した。ドラゴンのような特徴を持つ人型生物が我々の移動を観察していたのを目撃したのだ。徒歩で移動し、槍と盾で武装していたため、当初の我々は野生の原始的な生物だと思っていたが、距離が近付くと彼らがいた地点は閃光に包まれた。地上の部隊には僅かに届かなかったが、我々の輸送機は翼を吹き飛ばされた。一体どんなテクノロジーなのか?私たちが落下するテンシ・ドロップシップの残骸に注意を向けていたほんの数秒の間に、その生物は荒野へ溶け込んでしまった。パイロットが軽傷を負った他に人的被害はなかった。 -巡回事後報告、キョウダイ・サイガ中尉 FREYA DIRECTIVE LOG XX-XXX-XXXX EDEN CORE YEAR.MONTH.DATE XXXX.XXX.XX VALKYR RAID LEADER ASTRID...[STARTUP SEQUENCE INITIATED] VITALS...[ONLINE] INDIVIDUAL MEMORY SEQUENCE DRIVE...[RECORDING] SOUL CODING INSTALLATION...[NOT REQUIRED FOR MISSION] SELECTIVE MEMORY RESTORATION DOWNLOAD INITIATED...[SUBJECT: EXODUS COLONY] NARRATIVE: [DESCENDENTS OF THE PROJECT EXODUS COLONISTS HAVE EMERGED ABOVE GROUND. THESE DESCENDENTS HAVE EVOLVED, TAKING ON VARIOUS FEATURES OF LOCAL FAUNA, DESIGNATION: “KAIJIN”. MONITOR THEIR MOVEMENTS AND REPORT BACK IN ONE LUNAR CYCLE. DO NOT ENGAGE UNLESS UNAVOIDABLE OR IN LINE WITH GARRISON PRIME DIRECTIVE. REPORT BACK SOONER IF IN LINE WITH GARRISON PRIME DIRECTIVE. INCLUDED WITH MEMORY RESTORATION IS THE SEQUENCE OF EVENTS LEADING UP TO PROJECT EXODUS COLONISTS TRIGGERING MOBILIZATION OF THE VIRTUES AND THE SUBSEQUENT CATASTROPHIC CONFLICT BETWEEN PROJECT EXODUS COLONISTS AND THE VIRTUES. UPON RETURN UPLOAD NEW MEMORY SEQUENCE RECORDS TO FREYA’S CENTRAL ARCHIVE AND REPORT FOR MEMORY SEQUENCE DELETION AND INDIVIDUAL DEMOBILIZATION. MEMORY SEQUENCE INTERNAL AUTO-DELETION IS SCHEDULED FOR TWO LUNAR CYCLES FROM TODAY’S DATE. MEMORY SEQUENCE TRANSFER TO NEXT-MOST SENIOR EINHERJAR IN YOUR SQUAD IS AUTHORIZED IN THE EVENT OF YOUR OWN IMMENINENT TERMINATION IN ORDER TO ENSURE PRESERVATION AND TRANSFER OF DATA.] [STARTUP SEQUENCE COMPLETE]...AWAKEN VALKYRIE, RISE TO YOUR DUTY, TAKE UP YOUR LANCE, YOUR AX, YOUR SWORD フレイヤ指令ログ xx-xxx-xxxx エデンコア 年.月.日 xxxx.xxx.xx ヴァルキューレ・レイドリーダー・アストリッド...[起動シーケンス開始] バイタル...[オンライン] 個体メモリーシーケンスドライブ...[記録中] ソウル・コーディングのインストール...[任務には不要] 選択的記憶復元のダウンロード開始...[対象:エクソダスコロニー] ナラティブ: [エクソダス計画の入植者の子孫が 地上に現れた。この子孫たちは進化し、現地動物の様々な特徴を持つようになった。彼らの動きを監視し、1ルナ周期で報告せよ。やむを得ない場合、または駐屯地のプライム・ディレクティブに従う場合を除いて交戦は避けること。駐屯地のプライム・ディレクティブに従っている場合、すぐに報告するせよ。当復元記憶には、エクソダス計画の入植者たちがヴァーチェの動員を引き起こすまでの一連の出来事と、それに続くエクソダス計画の入植者たちとヴァーチェ達の破滅的な紛争が含まれる。帰還後、フレイヤのセントラル・アーカイブに新しいメモリー・シーケンスの記録をアップロードし、メモリー・シーケンスの削除と個人の動員解除を報告すること。メモリー・シーケンスの内部的自動削除は 本日から2ルナ周期で行われる。 貴官のシャットダウンが差し迫った場合、本データの保存と転送を確実にするために貴隊の先任エインヘリアルへのメモリー・シーケンス転送が許可されています] [スタートアップシークエンス完了]...覚醒したヴァルキリーよ... 立ち上がり義務を果たせ... 其方の槍を、斧を、剣を取れ

A new armed group has emerged in the Northeast region of Isalia. They have deployed small scouting parties around the major Syndicate and Order territories with mobilized mechs moving several miles behind the scouts. We don’t know their motives or intentions yet, but all insurgent armored fireteam cells are directed to observe their movements and learn everything you can about them. After that, a designated cell will be directed to contact them. We will aim to broker an alliance with them to leverage our position against the Daimyōjin Syndicate and the Valkyr Garrison. Otherwise, if their response is hostile, test their combat capabilities, seize any tech you can then break contact quickly and disseminate the after-action report to all other cells. -Encrypted Communication Disseminated to all Hashashin Insurgent Armored Fireteam Cells. イサリアの北東地域に新たな武装集団が出現した。彼らはシンジケートとオーダーの主要な領土周辺に小規模な偵察隊を配備し、動員されたメックがその偵察隊の数マイル後方を移動している。彼らの動機や意図は未だ不明だが、インサージェンシーのアーマードファイアチーム全員には、彼らの動きの観察と、分かる事は全て記録するよう指示があった。その後、指定されたセル(小集団)には彼らと接触するよう指示が下された。我々はダイミョウジン・シンジケートとヴァルキューレ・ギャリソンに対抗するため、仲介者として彼らとの同盟を目指す。あるいは、彼らが敵対的な反応を示すなら戦闘能力を確認し可能な限り技術を奪取すること。その後に迅速に離脱して他の全セルに事後報告を共有せよ。 -全ハサシン・インサージェンシー所属のアーマードファイアチームに送信された暗号化通信より

“No tree, it is said, can grow to Heaven, unless its roots reach down to Hell.” After centuries of living underground, the Isalian surface is habitable once again. Others have taken over our homes on the surface. For centuries we have fought for survival underground... ...living in underground facilities and caves... ... becoming more like the Kaijin we fight against as each generation mutates... ...and when our own facilities eventually stopped recognizing us... ...our own sentry turrets starting firing at us... ...but now after several centuries the surface is habitable again... Isalia is our home, and we will take it back from those who stole it from us. "言い伝えによれば、どんな木も天国まで成長することはできない。根が地獄まで届かなければ。" 何世紀もの地下生活の後、イサリアの地表は再び居住可能になりました。 地上にあった我々の住処は他者に乗っ取られています。 何世紀もの間、我々は地下で生存のために戦ってきた... ...地下施設や洞窟に住み... ...世代が進むにつれて我々が戦ってきたカイジンに似た変異が起きた... ...やがて我々の施設は我々を認識しなくなり... ...監視塔は我々を攻撃するようになった... ...だが数世紀後、地表は再び居住可能になった... 私たちの故郷はイサリアであり、我々は盗人たちから取り戻す事になるでしょう

143 views0 comments

Recent Posts

See All
bottom of page