top of page
Search

ハサシン・インサージェンシー

創造主は一人で、エデンコアは彼の贈り物です。


インサージェンシーの真の目的は未だ謎に包まれていますが、多くの人からは非常に宗教的な組織だと見られています。ハサシンはエデンコアを創造主の神聖な一部として崇める厳格な教義に従っているようです。イサリアの地に存在する他の軍隊とは異なり、ハサシンは自由に使えるイグニション・コアとメックの数に限りがあるため、一撃離脱のゲリラ戦法を強いられています。


彼らの待ち伏せ攻撃のほとんどは、イサリアの地で限られたイグニション・コアの量に対して過度に手を広げすぎたシンジケート内のサブ派閥への攻撃に関係しているようです。一方、インサージェンシーの他の部隊は、ワルキューレのアーマードレイディングパーティへ待ち伏せ攻撃に関心を高めています。


基本的に、オーダーとインサージェンシー間の紛争はインサージェンシーによる攻撃の後にオーダーが治安を回復するために展開する場合にのみ発生します。インサージェンシーは強制された場合にオーダーを武力紛争に巻き込むことも躊躇いませんが、それにも関わらずオーダーとの戦闘を開始するのに消極的な姿勢なのは、どちらの組織もより高い理想を共有して基づいているためだとされています。これは、さまざまな理由でオーダーから追放された高位のパイロットである追放されたパラディンが反乱軍の集団に現れているという噂を裏付けられる可能性を含んでいます。


インサージェンシーは、創造主の聖遺物の保護というオーダーと同様の動機によって動かされているように見えますが、彼らの活動はオーダーの法的および外交的制限の外に及んでいます。そのため、よく言えば予測不可能であり、最悪の場合は非常に危険ともいえます。



他勢力からの評価:


オーダー: インサージェンシーをイサリアの安定に対する脅威と見做しています。反乱軍が用いている予測不可能な手法は、イサリアの民間人の安全に対する脅威と見られています。さらに、オーダーはワルキューレ・ギャリソンおよびシンジケートと緊張関係のままであり、これらはしばしばインサージェンシーの攻撃にさらされています。これによりオーダーには、シンジケートとワルキューレの領土におけるインサージェンシーの攻撃に対する「平和維持」活動を支援するパラディンのパイロットを配備するよう圧力がかけられています。


ワルキューレ: 現在までの情報によれば、イサリアにおけるシンセの存在はインサージェンシーにとって完全に忌まわしいものであり、彼らはワルキューレを神聖なる創造主の作品に対するまがい物とみなしているようです。フレイヤは暴力に対して報復するためワルキューレ全員を準備させており、遭遇しうるハサシンを激しく攻撃しようとしています。


シンジ ケート: カズコの領土外の行動時において、インサージェンシーをシンジケートを永遠に苦しめる疫病として見ています。 そのため、シンジケート内ではインサージェンシーの関係者を捕獲または排除に高額の報奨金がかけられています。


シンジケートの記録から廃棄対象としてマークされた回収レポートより。 「サイミョウ小尉がシンセ密売のために装甲ファイアチームを使っていたことは誰もが知っていまし。その日、ハサシンは非常に無慈悲な効率で攻撃を仕掛けましたが、私たちは彼のチームの最後の一人が倒されたときに到着しました。ところが私のチームが反応したとき、ハサシンの支援ドローンはインサージェンシーが逃走する前に数回の制圧射撃を発砲しただけでした。その日、ハサシンたちには決定的な戦術的優位性がありました。緊要地形から、彼らの火点は撤退するときに私のファイアチームに深刻な死傷者数を与えることもできたでしょう。しかし、私が知る限り、彼らはそうしませんでした。私たちのキャプテンは彼らを「テロリストの殺人者」と呼んでましたが、私にはそうは思えません。そうは言っても、キャプテン・ヒヨシはシンスの密売から独自の立場を取っていたに違いありません。


~戦闘後行動報告、キョウダイ小尉ソウゲン




Writing credits: William Neill, Terrance Mobley. 2021

99 views0 comments

Recent Posts

See All

Comments


bottom of page